FC2ブログ

[SRS-渡航編] 第10話:入院中、そして退院

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

タイ渡航編、早く書き終わりたい次第であります(笑)

今回は術後入院中の流れを時系列に沿ってメモしているので、それをまとめておきます。


[SRS-渡航編] 第10話:入院中、そして退院

術後1日目
0:00 看護師さん巡回
お腹痛いと言うとアイスパック的なものをのせてくれた。

8:00 体拭かれる

9:30 子宮卵巣の先生病室まで来て検診

11:00 看護師さんが持ってきた抗生物質飲む

12:00 昼食
スープ?的なものが出る。
食欲がなくて一口で残す。

14:30 胸オペの先生診察

15:00 胸の傷口消毒

16:00 薬を飲まされる

16:30 夕食
おかゆが出たが2~3口で残す。

21:30 抗生物質

寝落ち


術後2日目
5:30 看護師さんチェック

6:30 カテーテルと点滴抜ける

6:45 抗生物質

7:30 朝食
まだ食欲なく2~3口で残す。

8:10 体拭かれる

11:30 昼食

13:10 おやつ?的なものが出る

15:30 抗生物質

16:30 夕食
1/3ぐらい食べる

20:50 抗生物質

寝落ち

この日ぐらいまで熱があってちょっとしんどかった。

術後3日目
5:40 血圧チェック

6:30 抗生物質
看護師さんたくさんくる
「歩くのオーケー」みたいなこと言われた。

7:50 体拭かれる

8:00 朝食
ほぼ食べる。
この日から洋食に変更。
痛み止めも飲んだ。

9:30 血圧
ドレーンの血量チェック

10:40 子宮の傷跡診察

11:30 昼食
半分食べる

1:30 おやつ

15:30 胸の傷診察

15:40
看護師さんに胸の綿取られる
少しあせもができていてベビーパウダーもかけられる。
看護師さんに「ビッグベイビーね(笑)」と言われ笑われる。

16:05 抗生物質

16:50 夕食
ほぼ食べる

20:00 Nさんが持ってきたおやつを一緒に食べる

21:00 抗生物質
就寝
術後3日目で排便あり。



この大体流れが術後5日目まで続く。
私の受けた術式だと、入院から1週間で退院となる。


術後6日目、退院日
5:35 血圧チェック

7:00 胸のバンド取って傷口確認

7:30 朝食

7:45 体拭き

9:00 子宮傷跡チェック

9:15 薬

11:30 昼食

12:00 薬

12:10 ドレーン抜く
抜いてから1時間はベッドから動かないように言われる。

ここで私の姉が合流。
タイ旅行とお見舞いを兼ねてきてくれた。

13:10 動けるようになる

13:30 薬の説明を受け、薬の代金を支払う



退院

↓この時、通訳さんにタクシーでホテルに行きたいと言って
 ホテル名と住所を伝えるとタクシーの運転手に言ってくれる。

タクシーでホテルへ向かう

↓タクシーの運転手に「荷物降ろして」と伝えると降ろしてくれる。
 チップとして20B(約68円)渡したらホテルの入り口まで運んでくれた。
 そんなに高くないので、しんどかったら金にモノを言わせると楽(笑)

14:50 ホテル到着
チェックイン

15:30 スコールの影響で停電

16:30 サラディーン駅付近のショッピングモールへ

18:00 夕食
ペッパーランチでステーキ
3人で大体1,200B
1人400Bだから日本円換算で1,300円ぐらい。
日本でもおなじみのものを食べようとすると大体日本と同じぐらいの値段になる。

19:00 スーパーでお土産買う

20:00 ホテルに戻る
まだ復旧せず
夕食後の薬を飲む

22:10 寝てたら電気復旧

23:00
やっとお湯が出るようになりシャワー浴びる。
頭と下半身を洗う。
この時、胸の傷口にかからないように注意。


と、術後から退院まではこんな感じでした。
自分で思っているよりダメージを受けているので、チップを渡してやってもらえることはやってもらうのが楽でした。
あんまり金持ちだと思われるとたかられそうだと思い、チップ20Bしか渡してませんでしたが(笑)

ここから腹腔鏡と開腹式の差が出てきます。
個人差はありますが、痛みと回復速度が段違いです。
お金に余裕のある方は腹腔鏡をおススメします。


では今回はこの辺で(・Д・)ノ

[SRS-渡航編] 第9話:タイ3日目、手術当日

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

今回は、タイ3日目、手術当日をお送りしたいと思います(・∀・)



[SRS-渡航編] 第9話:タイ3日目、手術当日
5:40 看護師さんに起こされる

6:00 毛を剃られる
胸、脇、股間の毛をバリカンで剃られる
2~3人に見られながらの羞恥プレイだが、堂々としておけば問題ない。

6:15 浣腸
人生での苦痛ランキングTOP5に入るしんどさ。
一緒に行ったNさんは術式が腹腔鏡だったため、私よりしんどかったらしい。

6:35 点滴
toujitu.jpg
この点滴から麻酔を導入されると説明を受けた。


7:20 点滴確認
konsento.jpg
この時までに携帯の充電器を、ベッドで使えるようにセットしておくことをおススメする。
術後すぐはほとんど動けないため、携帯の充電ができないと詰む(笑)


9:30 再チェック
看護師さんに再チェックを受ける。

9:40 出発
自分でストレッチャーに乗って手術室前に運ばれる。
手術室に入る前に日本語と英語で書かれた紙を見せられ、いくつかの質問に答える。

10:15 開始
手術室に運ばれ手術台に乗せられる。

16:15 目が覚める
手術前に運ばれていた待機所で目が覚める。
近くにいた看護師さんに「(調子は)どう?」と聞かれ
「痛い、熱い」と答えた後、意識を失う。

17:30 病室で目が覚める
痛いみを感じて目が覚める。
30~1時間おきにペインフリーのスイッチ押す。

20:00以降
熱が出ているのか暑かった。
寝落ち


と、まぁ麻酔が効いていたため終始、意識が朦朧としていました。
寝ていれば時間が過ぎるため、退屈はしなかったですが、痛みと暑さは多少ありました。
ペインフリーは確実にあった方がいいですね(笑)

次回は術後入院中の様子をまとめたいと思います。

では(・Д・)ノ

年取ったし、年明けたし

どうも、お久しぶりですミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

昨年の9月から色々ありまして、だいぶ間が空いてしまいましたが
空いてる時間にまたボチボチ更新していこうと思います。

25歳、男子3年目になりましたが
とりあえず生きてはいるのでよろしくお願いします(笑)

[SRS-渡航編] 第8.5話:タイ初日のホテル

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

SRS編、毎回あんな長文だと読む気なくしそうなのでちょっと休憩です(笑)
今回はタイ初日の話。



タイ初日に泊まったホテル↓
bed.jpg
なかなか良い部屋だったのですが、それよりちょっと驚いたことが...



チェックイン時にパスポートが必要なため、本名&当時の戸籍(女性)でネット予約していたホテル。
ついてチェックインすると↓
IMG_3910.jpg
見た目で対応してくれたのか、ミスなのかは私の英語力では確認できませんでした|ω・`)


そして、サラディーンに両替に行った時、歩いていると
準備中であろう、飲み屋のお姉さん方に
「トムボーイ?(FtMか?)」
と声をかけられたので、こっちでは普通のことなのかもしれんせん(笑)



と、まぁ日本とタイの雰囲気の違いのようなものを感じました。
タイだと店に入ってもこちらが商品を買うまで
座ってる店員さんがほとんどで、最初は慣れませんでしたが
日本もそのぐらい適当でいいのになぁとか思ってました(笑)


では(・Д・)ノ

[SRS-渡航編] 第8話:タイ2日目、入院初日

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

今回は、タイ2日目、入院初日をお送りしたいと思います(・∀・)
では早速...


[SRS-渡航編] 第8話:タイ2日目、入院初日


6:00 起床
9:30までに病院行けるよう早めの起床。
タイの朝は道路が混むらしい。

6:30 シャワー

7:10 チェックアウト

7:30 昨日と同じ屋台で朝食(1人40B
nikomi.jpg
甘めのもつ煮込みにトッポギみたいなのが入ってた。


グリーンティー(40B
tea.jpg
結構甘め。糖分たっぷりの抹茶ラテ(笑)


8:25 バス停到着
bus1.jpg
バスに番号が書いてあり、それによって行き先が分かれている。
私たちが行ったときは、ヤンヒー方面は8番か18番だった。
バス停の近くに立っている係の人か、バスの乗務員に「ゴートゥーヤンヒー?」と聞くと教えてくれる。
この辺りはカタコトの英語でも通じる(笑)


ビクトリーモニュメントバスロータリー
↓ バス18番 エアコンなし (1人6.5B
9:15 ヤンヒー前、到着
yamhi-mae.jpg
バスの乗務員にお金を払うときに「ヤンヒーに行きたい」と言っておくと、ヤンヒーに着いたら教えてくれる。
グーグルマップで確認しながら乗ると確実。


ヤンヒー正面
yanhi-.jpg


国際受付標示
yanhi-2.jpg
病院の中に入ったら、まずこの標示を探す。
ここに行って日本人だと伝えると通訳の人を呼んでくれる。


9:30 通訳さん合流
病室へと案内され、貴重品以外の荷物を置く。
yanhi-3.jpg

yanhi-4.jpg


この後、かなり待たされる。
病院にWi-Fiはあるが、入院する階以外使えないため、レンタルWi-Fiは必須である。
ちなみに病院内のWi-Fiは、時間によって不安定になるため
ネットが使えなくてもできる暇つぶしを用意しておくのをおすすめする。


10:00 精神科問診
身体測定(身長体重)
血圧測定

10:30 問診票記入
待ち時間に記入
精神的な問診(絵も描く)

10:40
子宮卵巣摘出の先生触診
ゴリゴリされてめちゃくちゃ痛い(笑)

11:00
入院と子宮卵巣摘出手術の同意書にサイン

11:50子宮卵巣摘出手術支払い
83,000B
この時、産婦人科のキャンペーン?を
やっていたらしくなぜか5%off(笑)
79,020B 支払い


13:30
胸オペの先生に診てもらう。
U字でオッケーだと言われ、乳腺の位置に油性ペンで印を描かれる(笑)
写真もめっちゃ撮られる(笑)
次の日の10時ごろからオペだと言われた。

この時、通院予約も一緒にした。

退院の次の日 抜糸予定
胸の通院の2日後 子宮卵巣摘出傷口チェック通院


14:30 胸オペ支払い
95,000B


15:00 病室に戻る
yanhi-5.jpg

yanhi-7.jpg

yanhi-6.jpg
病室はこんな↑感じ


遅めの昼ご飯
gohan.jpg


15:40
精神科へ

16:00~16:15
カウンセリング

16:30~16:45
カウンセリング2

2回カウンセリングがあり、それぞれ別の人だった。
日本と同じで2人の医者の許可がいるみたい。

17:00 血液検査

17:30 麻酔説明
歯のチェックされる。
歯に問題があると麻酔が受けられないため手術が中止になることもあるらしい。
日本で歯医者に行っておくのがいい。


18:00 コンビニへ
ナースステーションに伝えてから行く。

病院の隣にあるセブンとファミマへ行く。
konbini2.jpg
やたらとミロ製品推しだった(笑)
おいしいけど(笑)


18:30 晩御飯
gohan2.jpg
戻ってきてご飯温めてもらう。
片方の病室に行き2人で食べた。
左上の真っ青な毒みたいな飲み物は、ジュースっぽかった。
私の口には合わず一口で断念|ω・`)



20:00ごろまでゆっくり食事

その後、シャワーを浴びる。
体は入院説明時にもらった一式に入っている。
消毒用石鹸(ピンクの液体)で洗う↓

入院説明時にもらった一式
yanhi-8.jpg


明日朝6:00に起こされ、もう1度体を洗うと説明を受ける。


そのまま寝落ちでタイ2日目終了


はい、入院までの流れはこんな感じでした!
病院についてしまえばこっちのもんです(笑)

ちなみに英語できない私が、バスの乗務員さんに言ったのは
「アイゥ、ウォントゥ、ゴートゥ、ヤンヒーインターナショナルホスピタル」です。
中学生英語で何とかなりました(笑)

そして肝心の手術代ですが

子宮卵巣摘出(開腹式)
79,020B=268,668円
乳腺摘出(U字)
95,000B=323,000円

→268,668+323,000=591,668円

大雑把に言って最安で行くと手術自体は60万あれば足ります( ^ω^ )
もちろんこの中に入院費、入院中の食事代等、すべて含まれています。
退院後の薬や、通院は別で費用が掛かりますが1000Bもいかなかったと思います。


また、後日記載しますが術後、手術に関係することで何かあった時の保証も含まれています。


さて、次回は
[SRS-渡航編] 第9話:タイ3日目、手術当日
です!

では(・Д・)ノ