FC2ブログ

[SRS-渡航編] 第14話:退院後4日目、再入院1日目

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

今回は問題の退院後4日目から怒涛のアクシデントについて書いていきます。
手術を受けるにあたって体調に不安のある方は読んでおいた方がいいかもしれません。


[SRS-渡航編] 第14話:退院後4日目、再入院1日目
この日は7時ごろ起床
ホテルで朝食をとり、昼頃までゴロゴロして過ごす。

昼から買い物に行きお土産の追加購入。

昼食は近くのマック
2人で363B

2時間ほどしてホテルに戻る。

昼寝をして
18時半ごろ
有名なスカイバーへ
skybar.jpg
入場してすぐにシャンパンを勧められるが、(術後のため)飲めないと伝えソフトドリンクを注文。
姉は一人お酒を飲んで楽しそうだった(笑)
3人で1,300B
観光に来た外国人たちが多いような気がした。

姉は帰国するためタクシーまで見送り。

すぐ私たちもタクシーに乗り、ニューハーフショーを見に行く。
15分ほど遅れて入場
約1時間半のストーリー仕立てのショーだった。
英語でアナウンスが入るため、なんとなく内容がわかるような感じ。
本場のニューハーフたちは色んな意味ですごかったです(笑)

22時半ごろ
近くの屋台で晩御飯
タクシーで帰る

23時ごろ
ホテル到着

タクシー降車時生理のような出血に気がつく。
トイレに行き確認するが止まる様子がなく、Nさんにナプキンを買ってきてもらう。
ナプキン230㏄が10分ほどで一杯になるような出血量。
30分様子を見たが止まらず、通訳さんに連絡を取る。
タクシーでヤンヒーの夜間救急へ。


日付を超え次の日になったころ、緊急外来に到着。
出てきた看護師さんに診察券を出し、カタコトの英語で説明。

通訳さんと電話しながら状況を説明。
処置の同意書にサイン。
30分から1時間ほどして先生到着。
処置室に入り更に30分~1時間。
血が出すぎているのか寒かった。
血圧計をチラ見すると上が68?
そのまま意識を失う。
気が付いたら病室で点滴と輸血されていた。
そのまま入院になり、次の日ホテルチェックアウトの予定だったためNさんに荷物を持って来てもらう。
携帯を預け、明日姉に連絡してもらうことにしてそのまま寝た。

9時ごろ
目が覚め、姉から連絡来る。
帰国して1度家に帰ったら、またすぐにそっちに行くから待っているように言われる。
待ってるも何も動けない(笑)

そのまま1日ほぼ寝て過ごした。



はい。と、まぁ楽しい観光気分一転死にかけました。
人生5度目ぐらいの死にかけでした(笑)

次回は原因や処置、再入院の費用等について書いていこうと思います。

ではまた(・Д・)ノ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する