FC2ブログ

[過去編] 第8話:偽りか?装いか?

どうも、お待たせしました。
ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ


地元に帰ったところから始まる第8話。
過去編もそろそろ大詰めです。



2年間の女性職員としての社会人生活を終え、久々の地元へ。
1~2週間ほどニートして、元気を補充しました。

そして、新しい職場は男性として働こうと、仕事を探しました。
このころにはホルモン注射を打ち3か月ほど経っており、声も変わりだしていたため1週間ほどして、前の仕事と同じ職種で男性として雇ってくれるところを見つけました。

その会社は社長をはじめ管理職の人たちの理解があり、事情を説明すると登録は戸籍上のものでするしかないけど、現場では男性として扱ってもらえることになりました。

現場では男性職員として扱ってもらえ、仕事はしんどかったですが、精神的にはかなり楽になりました。


しかし、男性として送る順調な新しい生活も難点がありました。
そう、地元ゆえに私の過去を知っている人たちがいるということです。

両親だけでなく、親族、友達、その他もろもろ..から聞かれるたびに説明をするのは正直めんどくさいというのが本音でした。

「元々女なんだから、男になれるわけがない」
「女が男を装っているだけ」


など...正直に話すと、時には嫌なことも言われました。



しかし、自分の気持ちを押し隠すことをやめた私は

「世の中には自分のような人種もいれば、それが気に入らない人間もいるんだから十人十色なんだ」

という精神で、事なきを得ました。(笑)

それに、手術の情報やいろんな人たちの意見を聞いてみたい!
と、思っていた私は都会に移り住もうと考えていたので、そんなに精神的ダメージを受けませんでした。(笑)


そして、半年ほど男性職員として働き、貯めたお金で関東へと移り住みます。

つづく...


はい、少し短いですが、「第8話:偽りか?装いか?」
いかがでしたでしょうか?


男性として働き口を探すのは案外楽でした。
たぶん特殊職だから人手不足なんですよねー(笑)
まぁ、それで精神的にはだいぶ楽になったので、やっぱりそこら辺は大事なのかなと...。

最近、FtM(オペ済の方)で某大企業に事情を話して雇ってもらおうとしたところ、
「戸籍が女性なら女子更衣室を使ってもらうことになる」
と言われた。
という話を聞き、ショックを受けました。

オペ後のFtMが女子更衣室に入るとか、他の女性たちからクレーム殺到ものだと思います(笑)
私たちからしたら、男性更衣室で着替えだけさせてもらえればいいのですが..
難しいんですかねー?

早くいろんな人たちが働きやすくなることを願うばかりです。




さて、次回の舞台は関東へと移ります。


自分の過去を知る人のいない新天地。
手術の情報収集。
新たな出会いと転機はノリと勢い?

最終話:よろしい、ならば性転換だ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する