FC2ブログ

個人手配でタイ性転換(SRS)ツアー[予告編]

SRSについて
-はじめに-


まず、SRS受けると決めてからの選択肢は何種類かあります。
人それぞれ体の状態や、金銭面、また家族やパートナーと相談して決めることが多いです。
※ここでは、私の体験談を踏まえた上で、FtMの場合の話をします。

大まかに分けて↓のようになります。

①国内で受ける

②海外(タイ)で受ける

→アテンドに頼む
→自力で手配する


③一部国内で行い、残りを海外で受ける



① 国内で受ける
・日本語が通じないと不安
・日本の技術を信頼している
・家族やパートナーが国内での手術を望んでいる

などの理由から、国内での受ける方は多いそうです。

デメリットとしては、
・結構な額のお金がかかってしまうこと
・すぐにオペの予約が取れないこと(胸オペだけなら取れます)
ぐらいでしょうか。



②海外(タイ)で受ける
・国内より安く受けられる
・技術的に発達しており、仕上がりがきれいだと評判
・体調が良ければ、少し観光もできる

デメリット
・日本語通訳の方を介してしか意思の疎通が難しい
・最低12日滞在(子宮卵巣摘出のみの場合)
・パスポートの取得や、英字の診断書など準備がいる
・パクチーが苦手だとしんどい(笑)



③一部国内で行い、残りを海外(タイ)で受ける
・胸オペを国内で行い、子宮卵巣摘出手術を海外で受ける
→早く胸オペがしたくて、このパターンの人が私の周りには多いです。

メリット
・先に胸オペだけ受けられる
・全部日本で受けるより安くすむ
・別々だと痛みの箇所が少ない分、術後が楽らしい(個人の感想です)

デメリット
・分けて手術のため、麻酔が2回になる
・タイですべて受けるよりは割高

↑こんな感じです。


②の海外で受けるとなると一番有名なのはタイです。
性転換の聖地ですね(笑)

そして、タイで受けるにも
・アテンドに頼む
・自力で手配する

と分かれ、ほとんどの方はアテンドに頼んでいると思います。


アテンドに頼む

メリット
・ほとんどアテンドが一括でやってくれるため楽
・経験豊富で安心感がある
・何かあればアテンドの人と日本語でやり取りできる

デメリット
・アテンド料がプラスでかかる
・航空券やホテルは選べない

ぐらいです。


安心や時間をお金で買うといった感じです。

海外が不安という方は、アテンドに頼めば間違いないです(。-_-。)




自力で手配する場合

メリット
・術代、ホテル+航空券込みでも最安
・自由に計画できる
・人に合わせなくていいから気が楽

デメリット
・全て自分で手配するため、時間がかかる
・なにかあったら自力で何とかしないといけない


もともと旅が好き!
旅の計画が苦にならない!
何が何でも最安で行きたい!
自力で何とかできる!
英語やタイ語が少しできる!

という方ならおススメです。

私は↑に書いた条件の
・語学以外を満たしていたこと(日本語しか話せません)
・個人手配で行った人が過去にいる
・同じ時期に一緒に手術を受けようとしていた友人がいた

ということで、自力手配でタイに行くことを決めました!
※個人的には、自力渡航する場合2人以上で行くことをおススメします。



決定半年後...
タイへ渡航、手術を受けて生きて帰国しました!


その手配、準備から帰国後約1か月までの体験談まとめます!
今後、SRSを受けようと考えている人たちの選択肢が増えることを願っています。



手術受けたいと考えていたミニマム武蔵。
降り注ぐ上司の天の声。
そこから始まる情報収集。
同行者の参戦。
実現可能なプランの糸口。
見えない力でパズルのピースが揃う。

次回、SRS編
第1話:うーん、そうだ!タイに行こう!!

しばし、お待ちを