FC2ブログ

入院前にはゴジラ見る

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ


昨年のこの時期はタイで手術...
今年は..日本で手術受けることになりました(´・_・`)

まぁ、手術の種類が全然違うんですけどね(笑)


で、その前に5/31公開のゴジラが見たい!!
ってことで見に行ってから入院です(笑)


いやー、めっちゃよかったっすわー(-∀-)
ネタバレになるので
ストーリーに関しては言いませんが、
ゴジラやキングギドラのデザインと
CG見るだけでお金払う価値ありましたねー(*´v`)

え?世代じゃないだろって?
そうですAmazonプライム勢です(笑)
これから全部見ます( ノД`)
入院中暇なんで(笑)


では(・Д・)ノ

[SRS-準備編] 第4話:航空券とホテルとWi-Fi

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

前回の病院予約大体わかりましたか?
気になることがあればコメントくださいヾ(・∀・)ノ

では、引き続き[SRS-準備編]書いていこうと思います。


[SRS-準備編] 第4話:航空券とホテルとWi-Fi


病院の予約が終われば、次は往復航空券と入院以外を過ごすホテルの予約だ。
ホテルと航空券はセットで予約すると少しお安くなるのでおススメ。
そこで必須なのはパスポート
航空券の予約ではパスポートの名前と予約名が一致していないと搭乗できない。
そんなトラブルを減らすために先にパスポートを発行しておくことをおススメする。

既に持っている人はそれを使えばいいが、
持ってない人や有効期間が切れている人は、
発行するところから始めなければならない。

まずは

・戸籍謄(抄)本
・写真(45mm×35mm)
・本人確認書類(運転免許証など)
・住民票の写し(いらないところもあるため、自分の行くところに問い合わせて)


を準備してから、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口に行き

10年間有効な旅券(20歳以上)
を発行する場合 16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上)
を発行する場合 11,000円

上記の金額を支払えば発行の手続きは完了だ。

あとは2~3週間後に受け取りに行けばオッケー。



続いて、航空券とホテルの予約をする。

トリバゴ

Skyticet

じゃらん

などなど...他にもたくさんのサイトから予約できる。

私が使ったのは↓ここ
Expedia

私たちはどうせ行くならいいところに泊まろうと決めて5星ホテルで検索した(´∀`;)ゞ
最安で行くか、どうせならリッチにいいところに泊まるのかは自身の財布と相談してほしい(笑)

ちなみに..
この料金を海外保険付きのクレジットカードできっておくと最低限の保険は掛けられる
これで不安な人は
『海外旅行 保険』
検索して自分で契約してくれ。


1人当たりの料金を簡単に書いておくと

・航空券(往復) 約23,000円
・ホテル(入院前泊) 約3,400円
・ホテル(術後5日間) 約32,650円
〈1泊あたり 6,530円+朝食付き〉

合計59,050円


ホテルのランクを下げればもっと安く行けるが、注意点が1つ

ホテルのシャワーは固定ではない所を選ぶこと!!

これは、術後2週間は傷口が濡れてはいけないため、髪を洗うときに濡れるのを防ぐためである。
固定でも体の位置調整すればいいじゃーん!と思っている人...
無理です。
術後は自分が思っている以上に、体の可動域が狭まっていると考えた方がいい。
しかも、ここで無理をすると傷口が開く可能性もある。
血まみれになったのが誰とは言わないが(笑)

という訳で、ホテルのシャワーは取り外し可能な所を選ぶのが無難である。

それと、言葉が通じなくてどうしても不安という人は、英語が通じるところだとスマホを使って何とかできるからおすすめ。


また、術後は体調がよろしくなく遊べなくなることもあるため、遊びたい人は前日入りより更に前入りするといい



さて、最後は海外用のレンタルWi-Fiの契約だ。
携帯電話自体の契約で海外もOKな人は読み飛ばしていい。

レンタルWi-Fiもいろいろ会社があったが、
よくわからなかったため、私たちはここにした↓
GLOBAL WiFi

契約回線も補償も真ん中ぐらいのものにして
2週間で約16,000円だったため
1人あたり約8,000円

2人で地図やLINEなど使ってもこれで十分だった。

ちなみに最高ランクの保障を付けると荷物の盗難保障も付いてくるらしい。



以上の手続きが終われば...SRS目前!
あとは持ってい行く荷物の準備のみ。
次回はその解説をしようと思う。



次回、SRS-準備編 第5話:みそ汁はおやつに含まれますか?

続きを読む »

[SRS-準備編] 第3話:迷宮、公式サイトへの入り口

どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ


今回は[SRS-準備編]第1章ということで
まず病院の予約について書いていこうと思います。


第3話:迷宮、公式サイトへの入り口


最初に言っておこう。

私が予約したのはタイの
YanheeHospital
(ヤンヒーインターナショナルホスピタル)
だ。


だが、日本語で検索すると最初に出てくるのは日本語公式サイト。
これはアテンド会社が運営しているもので、ここに問い合わせても自己手配はできない。

『 ヤンヒー FTM SRS 』

これらのワードで検索すると出てくるのはアテンド会社ばかり...
私はこのサイトを探すのに迷宮入りかと思われるくらい苦労した(笑)

↓下のリンクが本当の公式サイトだ。
  このサイトのCONTACT USというところから問い合わせができる。


ヤンヒーインターナショナルホスピタル


英語での電話かメールで連絡可能だ。
私は英語が苦手なため、メールでの問い合わせにした。

①名前
②セクシャリティ
③何の手術を受けたいか


この2つを英語と日本語の両方で書いて送ると、通訳さんが日本語で返事をくれる。
そこから予約までのやり取りをする。

①名前
②生年月日
③大まかな手術希望日
④胸の写真(胸オペも同時にする場合)


↑を伝え、オペ代や必要なもの等
わからないことはこちらが質問する形となる。


私の場合
①手術の費用
②必要なもの
③入院の日は何時に病院へ行けばいいか

の3つを聞いた。

①は
子宮卵巣摘出手術(開腹式)
当時のレートが1B=約3.4円で
268,670円

乳腺摘手術出(U字)
323,000円

合計591,670円
※2018.6時点

②は
・パスポート
・英字の診断書
・手術代

があれば手術は受けられるとのこと。

③は
「手術前日の午前9時に病院にきてください」
ということを言われた。


あとは自分が気になることを質問すれば病院の予約はクリアである。



私の場合、たまたま術式的に最安で行くことができた
人によっては、胸オペの術式がT字やI字になったり
子宮卵巣摘出を腹腔鏡に変えたり等で金額が変わってくる

私が
乳腺摘出 → U字
子宮卵巣摘出 → 開腹


一緒に行ったNさんが
乳腺摘出 → T字
子宮卵巣摘出 → 腹腔鏡


で、約20万円ぐらいの差があった。
術式や金額はきちんと問い合わせすることをおススメする。

ちなみに、開腹式と腹腔鏡では回復速度にかなりの差があり、金額相応のものが受けられる。
その私たちの回復速度の差や術前と術後の比較写真など詳しい情報は有料版に載せようと考えている。
知りたい方はまたそちらで...。


病院の予約が終わったら..
次は、航空券とホテルの予約だ!



はい。
と、病院の予約はこんな感じでした。

術式はお金と仕上がりに関わってくることなので、少しでも疑問があればきちんと質問しましょう。

↑これ大事ですね。


注意点なのですが...

先生たちはもちろん全力を尽くしてくれますが、
自分が納得する仕上がりになる術式なのか?
は、自分自身の体型や体質によるため断言できません

そこは病院、そして自分の気持ちと相談してください

また、アレルギー等ことによっては
命に係わることもあるため、
病院で聞かれることは正直に答えましょう。



さ~て、次回の準備編は?
[SRS-準備編] 第4話:航空券とホテルとWi-Fi

夏の文明の利器

昼間は半袖じゃないと汗をかく時期になりました。
どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

汗っかきにはもう衣替えの季節ですね(笑)
と、いうことで一足先に
今年もお世話になる夏の文明の利器
という名のエアコンを掃除しておこうかと準備しております( ´_`)

めんどくさがりな私が、
毎回エアコンの掃除でこちら↓




半年に1回、これを買えばエアコンの掃除は1年間これだけですみます。
というか、すませてます(笑)



使った後はいい香りですし、掃除終わりますし楽ちんです(=∀=)

あとは、ちまたで有名なクーラーを最低温度に設定して窓全開で1時間放置

はい、今年もクーラー使えます。
最高です\(^o^)/

みなさんも、熱中症になる前にクーラー使いましょう!
病院に行くより電気代のほうが安いです(笑)


ではまたヾ(・∀・)ノ

[SRS-準備編] 第2話:準備ってなにそれ?おいしいの?

今日は雨がすごくて出かけられません|ω・`)
どうも、ミニマム武蔵です(=゚ω゚)ノ

タイに自力SRS行ってからそろそろ1年経ちます。
早いものですねー。
と、まぁ感慨にふけっていると
今度は後輩たちが自力で行きたい!
というのでアドバイスしている時に
「そいえばまだブログかいてねぇ...」
と思い出しました(笑)


と、いうわけで第2話の準備編いってみようと思います(=∀=)


第2話:準備ってなにそれ?おいしいの?

はい、まず何をどうしていいかわからない...。
って状態から始まるだろう。

1番大事なのは情報収集!

疑問を持ったら、まずは情報収集を始めよう。

情報取集は大雑把に分けて2種類ある。Webと本だ。
調べてみると分かると思うが、自力渡航のWeb情報は極めて少ない。
今後、このサイトを参考にしてもらえると嬉しい。

私が行くときには、ここ↓を参考にさせてもらった。

個人手配でもタイでSRSはできる
※現在は更新されていません。



そしてタイの情報は本をメインにし、時期によって異なるもの(両替レート等)はWebを頼ると効率がいい。
私はこの本↓にお世話になった。



タイと言っても、基本的には首都のバンコクを中心に動くため、地球の歩き方のバンコク編がおすすめである。
発行されている最新版を買えば、ホテルや交通ルートも最新のものに更新されているため非常に参考になる。



こうして情報を少しずつ集めていくと、実際に自己手配で必要な準備は
大まかに分けて3つあるということがわかるだろう。


1.病院を予約する
2.航空券とホテルを予約する
3.荷物等の準備



↑の3つである。

これについて、また次回から1つずつ説明いていこうと思う。


はい、ということで準備の前置きが以上となります。
「前置きが長いわっ!!」
というのはさておき、ここからが本番です( ^ω^ )

次は、病院の予約について解説していきたいと思います。

※ここに書いてあること、またここから書いていくことは
あくまでも私の場合ですので、あらかじめご了承ください。



次回、[SRS-準備編] 第3話:迷宮、公式サイトへの入り口